マインドフルネス

「気づき」を育てるマインドフルネス

マインドフルネスとは、ひとことで言えば、

「今ここ」の一瞬を何の先入観も持たず「気づいている」状態。

竜安寺石庭

世界のリーディングカンパニー(google,Facebook,インテルなど)が研修に取り入れ、業務の生産性や、ストレス緩和、幸福度の向上などの成果も報告され注目されているマインドフルネスですが、

実は日本でも古来から、禅、茶道、華道、とその心は日本人の精神的な文化に古くから備わっているものでもあります。

さらに遡ると仏教で古くから実践されている瞑想の形態が元になっています。
それらの瞑想法が脳科学の分野で研究が進められ、様々な良い効果がエビデンス(証拠)として認識され、あらたに注目を集めています。

なぜ、マインドフルネスが大切なのか?

私たちの思考は「今ここ」に留まることなく、常に「過去と未来を」行き来しているのではないでしょうか?

まだ起こるかどうか判らないことに思いを巡らし心配し、「過去の記憶、経験」から「今」を判断しています。それは、一種固定された思考で生きているということを意味しています。

毎日の生活リズム、同じことを繰り返していくとどうしても、思いや行動が固定化されていくのは、ごく普通のことのようにも思えます。

私たちが事実だと思い、当たり前だと思っていたことが、もしからしたら全く違ったものだとしたら毎日見ているものはどのように見えるでしょうか。

物事を良い悪いとジャッジすることなく、ただ気づくことによって、全く新しい見方に至ることもあるのです。
私たちが自らを不自由にしているのは、他ならぬ自分自身(特有の考え方、感じ方)である事が多々あるのではないでしょうか。

あるがままに観る

ただ起きていることを観る。

ジャッジしない、正しいとか間違っているという基準を持たずに観る。
何の偏見も先入観も持たず、あるがままに観る。

それを培うことがマインドフルネス。
言い方を変えれば、気づきを深める、気づきを育てる。
とも言えるでしょう。

内なる葛藤に気づく。
内なる怒り、悲しみに気づく。

何が大切なのかに気づく。
内なる平和に気づく。
そして、その内側からの気づきによって、自ら選択する力を培います。

例えば、こんな事をお考えの方へ。
・ストレス対処法を知りたい。
・感情のコントロールが難しく感じている。
・自分と社員の生産性を高めたい。
・頭ではわかっているんだけれど実行できていない。
・なんとなく不安感が拭えない。

筋力トレーニングと同じように、マインドフルネスを少しずつ生活の中に取り入れることによって、
こころと身体の状態が良い方向へ変化していくことでしょう。

セミナー参加者の声